資産運用を相談したいならプロに訊くのが一番

貯金箱

投資手段を選定する

財布

中立的な立場です

ここ数年で資産運用を相談できるところが増えてきました。一言に資産運用といっても色々な方法があります。株式投資や株式投資信託、不動産投資、貴金属投資、外貨投資といったものから始まり、これらの派生商品もありますし、株式や不動産の場合には、国内に投資をするものか、もしくは海外に投資をするものなのかといった違いもあります。それぞれの投資手段にあった窓口に相談をすることが重要です。例えば、株式投資や株式投資信託であれば、証券会社に相談することになりますし、不動産投資であれば不動産会社に相談することになります。但し、これらは投資対象がすでに絞られている場合の話となります。また、相手は商売が絡んでいるので少なからず営業トークも入ってきます。そのため、相談する側にある程度の知識があることが前提となります。もしも、投資手段が決まっていなかったり、資産運用の基礎知識やそれぞれの投資商品にどんなメリットがあるのかということを知りたいのであれば、ファイナンシャルプランナーに相談をしてみるとよいです。ファイナンシャルプランナーは資産運用や投資商品に対して幅広い知識を持っています。ファイナンシャルプランナーは銀行や証券会社に所属をしているケースもありますが、独立して相談業務を行っている人もいます。独立系のファイナンシャルプランナーは有料相談を行っている場合が多いですが、それだけ中立的な立場でアドバイスをしてくれます。